小さい頃から色黒で苛められコンプレックスに

色白な私
産まれたときから色白ではなかったですが、とにかく日焼けすると吸収力がよく、日焼けが戻ることなく、次の夏を迎えてまた日焼けをし、みるみる色黒になりました。
日焼けしても皮は剥けないし、赤くなってヒリヒリする経験もないくらい強い肌なんです。
小さい頃は黒くても周囲に「よく遊んでるのねー」とか「元気いっぱいね」と誉められてたし、気にもしてませんでした。
しかし、小学校5、6年生くらいから、徐々に回りとの肌の色の違いに違和感が。また男子からは「お前黒人みたいだなー」とからかわれ始めました。
思春期を迎えた年頃に、男子からはからかわれるのは本当に辛かったです。
焼けないように努力もしました。でも、そう簡単に蓄積された日焼けが落ち着くわけもなく、努力も虚しく、結局色黒のまま。
中学時代も、同じようにからかわれ続けましたが、もうスルー力も身に付け気にしませんでした。
そんなとき、まさかのガングロブーム到来。今までとは逆で、みんなに「どこの日サロ?」と羨ましがられるようになりました!
ついに私の時代がきたと、コンプレックスから好きなところに変わったのです。
それからほどなくして、美白ブームが来ましたが、その時にはもう自分の肌の色を受け入れられるようになっていたので、色黒でも恥ずかしくない、これも個性だと思えるようになってました。
今は結婚もして子供もいますが、色黒でも幸せに暮らしています!これもコンプレックスから個性だと受け入れられるようになったからだと思っています。